トーマの休日 ~Toman Holiday~

映画&音楽を中心に

なぞかけ中

 

f:id:Tohma-qn:20181012095452p:plain

 

 

 

エルヴィスとかけましてトリュフォーとときます。その心は?

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒント:前者は歌詞に、後者はその代表作の邦題がタイトルに引用されている、アイドルソング

 

 

youtu.be

 

私立恵比寿中学 - 大人はわかってくれない

 

2012年発売のエビ中にとって2枚目のメジャーシングル、『Go!Go!Here We Go!ロック・リー』との両A面曲。そして1stアルバム『中人』を支える柱となった、これぞアイドル・パンク。作詞作曲は登板率の高いたむらぱんさん。オリコン最高位7位だったよう。

 

メンバー9人時代の代表曲であるこの歌で、ただ元気いっぱいでハイテンションなだけではなく、(今のエビ中にはない)大人に反抗するアイドルグループ像という一面も見せつけたのだ。それで、この頃の彼女らはというと、確か指祭りで一発目、『放課後ゲタ箱ロッケンロールMX』を引っ提げてX JAPANのようなメイクでライブ会場を圧倒した。その一曲だけで出番を終えたのも印象深く、"ヤバい"グループがアンダーグラウンドから出てきたと私の中でざわざわしたなぁ。因みに、この『放課後~』はシングルA面ではなく1枚目メジャーシングルのB面に初出だった、というのを今調べていてビックリした。その後、ポケモンのタイアップがあったり『中人』発売があったりして、すぐにアルバムをチェックして、その内容に対し私はまた圧倒された。丁度その頃、女子流の1stから3rdまでを聴きまくっていて、そしてこのアルバムが仲間入りしてエビ中も同様に愛聴していた。とても懐かしい記憶が蘇る。

 

 

 大人…ここでは特に親や先生にあたるが、そういう人たちに向かってアイドルたちが反抗する姿勢は、心を揺さぶられる。

「スカートの短さは青春の短さ」

「とろけそうな夢を見たいなんて おかしな話ですか?」

「ゲラ ゲラ 大人はもう笑わないのかな・・・」

「現実をちゃんと見られる様に つけまつ毛で瞳を大きくしていることも」

 

書きだしたらキリがなくこれで引用は止めるが、名フレーズの宝庫。子供でもなく大人でもないあの微妙な時間、『中人』な私たちを代弁してくれている。と同時に嘗て『中人』だった大人たちもあの頃に引き戻してくれる…。「永遠に中学生」なるコンセプトはまさにこの名曲に詰まっている。

 

 

 

(くだらないことだが、「昔のイケメン プレスリーなんて ぜんぜんわからないけれど」の歌詞には思わず 「きっとお宅の御両親も先生も知らないと思うよ…!」 とツッコミたくなる。)