トーマの休日 ~Toman Holiday~

映画&音楽を中心に

私も愛したスパイ=007

 

先日追悼の意を込めてという訳ではないが、おもむろにロジャームーアの代表作「007 私を愛したスパイ」(原題: The Spy Who Loved Me)を観た。

 

 

youtu.be

 

冒頭から魅せるスキーアクションシーン、本作のボンドガールであるソ連の女性スパイ バーバラバック、海に潜れるボンドカー・ロータスエスプリ、ロジャー・ボンドの代表的な敵役=ジョーズ、スペクター顔負けの大悪党 ストロンバーグ、そして彼のもつ漆黒の巨大要塞アトランティス…全編見どころ満載の007映画なのだ。

三代目ボンド…ジェームズボンドとしてシリーズ最多で主役を務めた彼の功績は大きい。ショーンコネリーのボンドのイメージを脱色し、コミカルかつ洗練されたJB像を築き上げたといえるだろう。

という私は、ボンドは何故かロジャー派。勿論、カジノロワイヤルで夢中になった、泥臭さいダニエルも大好きなのだが。

 

 

 

 

 

youtu.be

(映像はジョージ・レーゼンビーだ…!)

 

いつどの年代の007映画でも観ると必ず聴きたくなる音楽アルバムが私にはあって、それがこのピチカートファイヴが1989年に発表した名疑似サントラ「女王陛下のピチカート・ファイヴ (-ON HER MAJESTY'S REQUEST-)」である。もし小規模のロックバンドがスパイ映画の日本語版サントラを製作したら?、何ていう映画・音楽好きにはたまらない妄想アルバムなのだ。

映画が生み出す緊張感を再現したような冒頭曲から始まり、台詞やSEが飛び出し、堂々とストーンズの悪魔の憐れむ歌をサンプリングしたインスト曲、スパイ映画サントラ特有の官能的なジャズ、バックに壮大なオーケストラを率いたような歌、このアルバム全曲を再構築したようなリミックス、ロックもソウルナンバーも詰め込んだ ごった煮のような内容、しかしながらあくまでも"スパイ映画のサントラ"を意識したためか、アルバム全体を通しで聴ける娯楽作品である。このアルバムタイトルとジャケ写のニヤリ感と言ったら…(笑)

 

是非 今でも影響を与え続ける007映画シリーズも観つつ、この空想サントラも聴いてほしい。きっと気に入るに違いないのでお勧めだ。

 

 

 

(特に、ジョーズ追跡のこの場面は007映画らしいじゃないか…!From the movie "The Spy Who Loved Me"  …with love)