トーマの休日 ~Toman Holiday~

映画&音楽を中心に

よりよい生活を

 

 

家族や友達とより有意義な時間を共に、よりよい生活を。

 

 

 

※More Life収録曲ではないが、Wizkidの新曲で相変わらずダンスホールをかましていたので。

youtu.be

 

丁度今日で、Drakeによる新譜"Playlist"「More Life」がリリースされてから丸々1か月が経った。

幾度の発表延期を経て公開されたその内容とは、プレイリストと名付けられたように蓋を開けると多種多様なトラックの集合体だ。Hip Hopは勿論、R&B, Dancehall Reggae, Grime, House, Trap, Afrobeat などなどが目白押し。共演アーティストも現行ブラックミュージックの最前線にいるような人々ばかり。もはや、Black Avengers。ここ最近のドレイクの、貪欲に音楽を吸収する姿勢が表れたような出来になったのではと思う。それは曲ごとに変化するフィーチャリングアーティストとのバランスや、時代や場所に縛られないような膨大なサンプリング例が示している。共演者をフックアップするような歌割だったり、反対に自分を押していくような配置だったり。また、故モーリスホワイトに祈りを"捧げる"ようにサンプリングされたりフルートの音が心地良かったり。それにしても、ほぼ1年ペースで新譜を発表する彼の多作ぶりは、「次の殿下は俺だ!」如く、今は亡きPrinceを思わせる。別に意識はしていないだろうが。

 

前作「Views」で大々的に展開された暗く重い内省的な世界観も保ったまま、攻撃的な一面も見せつけた。近々2作「Views」「More Life」は今の私にとって日常生活を支えるサウンドトラックとなっている。Drake自身がこのプレイリストで掲げていたテーマ「日常に寄り添うような」音楽に、少なくとも私の中で、なったことは彼の目論見が達成されたことである。雨が多い春先は特に、「Views」のジャケ写のイメージからか、私は雨が降るたびにこの2枚を聴くようになった。気分もどんよりとさせる曇天や雨の景色にぴったり合う。

 

 

 

 

解説の方は下記のRO69さんの記事を読んでみるのが最適だと思う。

ro69.jp

 

ro69.jp

 

 

A Playlist By October Firm

 

More Life