トーマの休日 ~Toman Holiday~

映画&音楽を中心に

2016年を選ぶ!

 

 

 f:id:Tohma-qn:20161210131448j:image

 (絶対こんな会話ないだろうシリーズ)

 

 

 

 

今年もあと1カ月を切り、時の早さに皆さん驚いていることだろうと思う。前回の記事…と言っても1カ月以上前のことだから誰も記憶してはないだろうが……で予告したブラックスプロイテーション映画特集第2弾はまた今度に書く予定だ。申し訳ない。

この師走の時期になると、もちろん私も含め映画好きの方々や音楽リスナーの方々が、今年発表された作品を総括してマイベストをまとめるので、ソワソワするのだ(本当だ)。

 

 

 Beyonce, Kanye West, Rihanna, Drake, The Weeknd, Bruno Mars, Kendrick Lamer, 宇多田ヒカル, Nao Yoshiokaら…の新作ラッシュだったり、David Bowie, Maurice White, Prince, Rod Temperton等々の偉人・巨星が亡くなったり。特に、殿下の死は多くのファンやミュージシャンに計り知れない影響を与えたことは間違いない。

そんな1年を音楽視点で振り返ってみると、近年のディスコ/ブギーの流れは相変わらず鳴り続けた。しかし、Drakeの"One Dance"やRihannaの"Work"のヒットから分かる通りダンスホール・レゲエが流行った年でもあった。

映画の話題もまた凄い。ファインディングドリー、ズートピアシンゴジラ君の名は。デッドプールこの世界の片隅に……等々と強力なラインナップになった。今年中に全部観てみたいと思っているし、ここで語れたらいいなとつくづく思う。

 

 

前置きはこれぐらいにして、私の2016年ベスト作品を選ぶことにしよう。今回映画に関しては今年片手で数えられる程度しか観てないので割愛。その代わりに、音楽アルバムを6枚選んだ(順位なし)ので、是非参考に読んでもらえるとありがたい。

 

 

 

 

 

f:id:Tohma-qn:20161121001738j:image

 "Man About Town" - Mayer Hawthorne

 

 

まずは軽快なブギーで踊ろう。Justin Timberlakeと並ぶ、ネオ・ブルーアイドソウルの旗手の4枚目のオリジナルアルバム。ここ数年続くディスコ/ブギー・ムーブメントをさらに盛り上げていくような快作だ。演奏時間34分の尺の長さやメロウものファンキーものの組み合わせ・順番も素晴らしく、今年の初めによく聴いた。うん、これはノれる。

(MJの名作Off The Wall意識だろうなぁ……え、気のせい?)

 

 

 

f:id:Tohma-qn:20161130235414j:image

 "夢見心地" - サ上と中江

 

 

いまやフリースタイルダンジョンのモンスターで有名な、サ上ことサイプレス上野東京女子流のメンバーの1人である中江友梨の2人による青春ヒップホップユニット。彼らの1stにしてLast(?)アルバムである。ジャケットから感じる(De La Soulの名盤使い)、ヒップホップ全盛期90'sの匂いが全編を覆う、そして、またこれが良い。2人のそれぞれの個性がぶつかり合い、お互いを打ち消すことなく自然とトラックに乗せてラップする。…何というカッコよさだろうか。

 

 

 

f:id:Tohma-qn:20161210131907j:image

"Life on Earth" - Musiq Soulchild

 

 

これ以前の作品を全く聴いてないし、名義を変えて作品を出したこともあるという話しか知らないが、これは傑作だ。どの作品にも言えるが、事前情報なしで聴くことをオススメしたい。今風の打ち込みや生音が交互に演奏されて、MusiqのSoulfulな歌声が気持ち良く乗っかる。アルバム全体通して聴いても全く長いと感じさせないのは流石。お気に入りの曲がたっぷりだ(聴いてもらえると分かるが、EW&Fの"Can't Hide Love"、みんな大好きだな)。

 

 

 

f:id:Tohma-qn:20161210132122j:image

"サンキュー" - ズクナシ

 

 

日本にもSoul Musicはある!っと声に出して言いたい(日本語で)理由がここにある。

ズクナシ……Vocalの衣美さんが産休でバンド休止、その前に、ファンのみんなに感謝を込めて収められたこの怒涛のライブ盤を聴いてほしい。ソウルクラシックのカバーを随所に入れながら、ブラックミュージックへの愛を溢れさせたこのライブ音源は強烈だ。聴く者を圧倒すること間違いなし。私も一緒にこのソウルトレインに乗りたい。

 (タイトルのサンキューは産休(さんきゅう)で引っ掛けたのか?)

 

 

 

 f:id:Tohma-qn:20161210132244j:image

"Coloring Book" - Chance the Rapper 

 

 

 今年の前半戦、衝撃的な新人だったらこの人では?

 ゴスペルベースに展開するトラックの数々、ラップもマシンガンの如く凄まじく、今年を代表する1枚だ。今後の活動に注目が集まる。そりゃあオバマ氏もハマるし、私もこの"3"キャップ(何という名前か分からない)欲しいよ。

 

 

 

 f:id:Tohma-qn:20161121001851j:image

 "幸福" - 岡村靖幸

 

 

…やっぱりこの人(笑) 邦楽業界も超待望の通算7枚目。11,12年ぶりの新作アルバム⁉︎、その数字にも驚くが、やはりその内容にも驚いた。新時代だ。9曲というタイトな曲数である、しかし何回でもアルバムをLoopしてしまうのだ(ぶーしゃかではない)。私個人単位では、このアルバム発表が今年1番の嬉しい出来事だったし、今年1番よく聴いたのは言うまでもない。第二全盛期を迎える今、彼はどぉなっちゃってんだよ?