読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーマの休日 ~Toman Holiday~

映画&音楽を中心に

マイケルと私

 

 

 f:id:Tohma-qn:20160828152335j:image

 

 

 

今日8月29日は私が最も敬愛するMichael Jacksonの誕生日である。彼が星になってから8回目の誕生日だ。

昨日はそれを祝って、Spike Lee監督主催の"Brooklyn Loves Michael Jackson"というイベントもあった。毎年恒例なようで、昨日初めてそのパーティの様子をネットで視聴した。誰でも参加でき、参加費は無料、誰でもマイケルの音楽に触れてほしいというコンセプトだそうだ。数分間しかその様子を見ることができなかったが、多くの人で賑わっていて楽しそうだった。私も一緒に混ざって踊りたかった。

 

 

さて、今回の記事は「マイケルと私」について。随分と大袈裟なタイトルかつ内容であるが、ここで語っていきたい。以前の記事で私が岡村靖幸さんについて語ったときのようなのでご了承。

 

 

f:id:Tohma-qn:20160828205641j:image

 

 

一言で言えば、彼は私にとって《音楽宇宙のビッグバン》。

亡くなってからファンになった、亡くなった影響でファンになった私は、彼を中心として音楽を好きになった。初めてこそはMJのその華麗なダンスばかり釘付けだったが、徐々に歌・曲の方にも目を向け、深く聴き込んだ。同時進行で洋楽ロック・ポップスにも手を伸ばした。そうすると、マイケルの影響源に行き届きまた違った見方ができる。それが中学生から高校生にかけての私だった。そうか、こういう書き方をすると私の青春だったんだな、マイケル。

 大学に入ってから、さらに彼のルーツである"ブラックミュージック"にどっぷりと浸かった。Sam Cooke, Marvin Gaye, James Brown, Curtis MayfieldとクラシックからJanelle Monae, Kendrick Lamar, Drake, Rihannaなどの新しいのや日本を代表するSoulシンガー、鈴木雅之, 久保田利伸, Nao Yoshiokaなどまで聴きまくった。これでまたブラックミュージック視点のマイケルも浮かび上がって面白いのだ。

これが簡単に記した私の "マイケルと私" である。もっと深くまで切り込めるが、このブログではまた他の話題のときでもマイケルが出る予想なのでこの辺で。

 

最後に、私の好きなLive動画を1つ。HappyBirthday, Michael.

 

 Michael Jackson - The Way You Make Me Feel (30th Anniversary Celebration) - YouTube