トーマの休日 ~Toman Holiday~

映画&音楽を中心に

"黒い"カートゥーン映画「The Story of O.J.」(邦題:ジェイボ) ~もういい年したJAY-Z~

 

 

ヒップホップ業界を生き抜き進化する男は、やはり格が違う。

 

 

Light nigga, dark nigga, faux nigga, real nigga
Rich nigga, poor nigga, house nigga, field nigga
Still nigga, still nigga

 

肌の色が薄い奴、濃い奴 偽物の奴、モノホンな奴…

金持ちな奴、ひもじい奴 サミュエルな奴、フォックスな奴… (※映画「ジャンゴ 繋がれざる者」を観てほしい)

色んな奴らがいるけど、結局黒人だよ

 

youtu.be

 

 

O.J. like, "I'm not black, I'm O.J."
... Okay

 

O.J.曰く、「俺は黒人じゃない!O.J.シンプソンだ!」

…あっそ、勝手にしな

 

 

 

 

この記事冒頭の意訳が少々ぶっ飛んでいることは認めるが、この曲…このMVがぶっ飛んでいることは、読者の皆には認めてほしい。今年の下半期に突入し、いきなり最大級の衝撃を受けたこのJAY-Zの新曲、The Story of O.J.

この新曲が収録されているのが、先週の6/30に突如TIDAL限定公開されたJAY-Zの通算13枚目のアルバム「4:44」。

続きを読む

私も愛したスパイ=007

 

先日追悼の意を込めてという訳ではないが、おもむろにロジャームーアの代表作「007 私を愛したスパイ」(原題: The Spy Who Loved Me)を観た。

 

 

続きを読む

初恋

 

 

映画『草原に黄色い花を見つける』の予告編、甘酸っぱい。観たくなるじゃないか。「君を想う切なさは恋わずらい」というキャッチコピーも相合って、胸が苦しくなる。予告編からこんなにどっぷり浸かっていては、本編観たとき大丈夫だろうか。

 

 

youtu.be

 

 

音楽なし音楽ビデオのススメ ~"Musicless Musicvideo"~

 

 

一発屋のイメージが強いが地元ノルウェーでは支持が熱い、A-haのあの名曲"Take On Me"(……名曲というかこれのMVも名ビデオなのだが)。

誰もが一度でも見たことのあるこのMusicvideoから、なんと重要な"音楽"を取り除いた映像が投稿された!

 

youtu.be

 

さて…いかがだっただろうか。

音楽がないと単なる短編ホラー映画なのである。

 

 

 

 

 

youtu.be

 

youtu.be

 

このシリーズ、A-haにとどまらずマイケルやエルヴィスなど多くのアーティストの音楽ビデオから"音楽"が抜かれている。実際、マイケルは必死にナンパしている奇人にしか見えないし、プレスリーはどうかというと、ほとんどエアギターしている無邪気な青年にしか見えない。そういったシュールな笑いを生み出している。笑顔がむしろ怖いほどだ。

 

まだまだ多くの"音楽なし"音楽ビデオがあるので、是非チェックしてみてほしい。

 

 

 

 

よりよい生活を

 

 

家族や友達とより有意義な時間を共に、よりよい生活を。

 

 

 

※More Life収録曲ではないが、Wizkidの新曲で相変わらずダンスホールをかましていたので。

youtu.be

 

丁度今日で、Drakeによる新譜"Playlist"「More Life」がリリースされてから丸々1か月が経った。

続きを読む

もしマイケルジャクソンが○○だったら……~YouTubeで繰り広げられる妄想劇場・支配人Trapson~

 

 

 

 f:id:Tohma-qn:20170417230205j:image

 

youtu.be

 

誰だ…こいつは…?

 

続きを読む

その”頭”の中は…?

 

 

f:id:Tohma-qn:20170212033828j:image

 

諸事情によりDVDで映画を観ることができなくなった。困った。もうどうしようもないほどの映画人間なので、映画が観れなければ生きてはいけない。そういうことだから、ここ最近はパブリックドメイン化したバスターキートン (Buster Keaton)氏の映画群を観ている。彼の映画は、古典中の古典映画で彼自身、世界の三大喜劇王の一人なのである。(ちびまる子ちゃんのナレーターでお馴染み、キートン山田は彼の名前から名付けた。)

この世の物理法則を無視し有り得ない現象を生み出し、かと言って論理的である彼の”笑い”は、彼のいつも無表情な顔と対照的である。映像に詰め込まれているのは、今観返すには馬鹿馬鹿しすぎる、度を越えた”笑い”なのだ。正直やりすぎである。その度を越えた”笑い”には彼の奇抜で大胆なアイデアが満載なのも事実である。あの場面はどうなっているのだろう?と思わずにはいられないだろう。映画をさらに不思議にさせるポーカーフェイスも彼の魅力なのだ。バスターキートン……常にその無表情な顔の裏でどんなことを考えていただろうか?

続きを読む